技と魂を受け継ぐ、最後の弟子たち

山本石洲最後の弟子・山川太嗣、模刻を通じて師の作風を体得
小林吉重師の息子・小林董洋、父の背中を追い続ける。
松崎秀碩師に後を託された永田皐月、亡き師と一心同体。
山川太嗣、彫刻中写真と印鑑のアップ

「田中角榮之印」山本石洲と山川太嗣の作品比較

京都市内にある印鑑店の後継者に生まれ、
地元の大学を卒業した山川太嗣(ふとし)は、修業のため
昭和55年(1980)、「長澤印店」に入社しました。

彼は仕事終えるとその足で目黒にある石洲翁の工房に直行、
長澤印店から石洲翁への発注原稿と彫刻印材を届けたり、
逆に翁から長澤印店に納品する作品を預かるといった、
いわばメッセンジャー役を、毎晩のように努めました。

印鑑彫刻の実践的な手ほどきこそ受けなかったものの、
山川太嗣は当時すでに80歳近かった石洲翁から
印鑑のみならず篆刻や書についても、大いに薫陶を受けました。

4年後、修業を終えて明日は京都に帰るという前夜、
別れの挨拶に訪れた山川太嗣に、石洲翁が差し出したのは、
翁の代表作を集めた印譜(印影集)でした。

京都に戻った山川太嗣は、その後実家の印鑑店経営の傍ら、
時間を見つけては石洲翁の印譜を穴の開くほど見つめ、
模刻(模写して刻すこと)を繰り返しました。

早いものでそれから30年以上が経ち、
今では「手彫り印鑑彫刻師・山本石洲」の名を知る人は、
残念ながら印鑑業界にさえ、ほとんどいません。

「石洲翁の作品はどれも活き活きとした表情を持ち、
模刻するたびに新しい発見を与えてくれました。
それはまるで、翁の教えを間近で受けているかのようでした」

生涯を通じて弟子を取らなかった石洲翁にとって、山川太嗣は、
晩年に心を通わせた最初で最後の弟子と、いえるかも知れません。

「石洲翁の名に恥じない作品を生み出していく、それが今の
私の使命でもあり、また実に楽しいやりがいでもあります」


小林董洋、彫刻中写真と印鑑のアップ

「大平正芳」小林吉重と小林董洋の作品比較

下町浅草にある印鑑店の三代目に生まれた小林董洋は、
高校卒業後、修業のため「長澤印店」に就職しました。

しかしその直後、父・吉重師が急病に倒れたことから、
彫刻技術の早期習得を目指して同店を3か月で退社、
大阪にある印鑑彫刻専門会社に再就職します。

社員寮に住み込んで5年間、印鑑彫刻技術を習得した彼は、
病を克服して現役復帰を果たした父・吉重師と二人三脚で
実家の印鑑店を切り盛りしてきました。

小林董洋自身、当時は若かったこともあり、
「親父は親父、オレはオレ」とばかりに、
父・吉重師独特の作風には、さして関心を寄せませんでした。

大きな転機は平成21年(2009)に訪れます。
この年、父・吉重師が体力的な問題で引退しました。

一方、以前から小林董洋が彫刻師として参加していた
(当店姉妹サイト)が、
新たなオリジナル書体を追加することになりました。

そのとき同店運営者(筆者)からの提案もあって、
彼は父・吉重師の作風の復刻再現を決意します。

幸い、吉重師の長年にわたる膨大な作品印影が残されています。
それを参考に習作に励み、「吉印体」として発表して以来、
今日まで全国のお客様から多くの注文を受けてきました。

実は、そんな彼にも今一歩、踏み込めない領域がありました。
父・吉重師の傑作「大平正芳」における作風の完全再現です。

しかし彼は持ち前の粘り強さでその後も根気よく習作を続け、
父独自の洒脱な作風を、ついに自家薬籠中のものとしました。


永田皐月、彫刻中写真と印鑑のアップ

「鈴木善幸」松崎秀碩と永田皐月の作品比較

岐阜市にある印鑑店の後継者に生まれた永田皐月は、
高校卒業後、東京・虎ノ門の「三田印房」に入門します。
印鑑業界の重鎮・三田秀泉師が経営する「三田印房」は、
奇しくも「長澤印店」とは同じ道沿いの至近距離にありました。

永田皐月は店の仕事と並行して、彫刻技術を学ぶために
隔週日曜、東京印章協同組合技術講習会に通いました。
そこで彼の学年を受け持った担任講師が、松崎秀碩師でした。

5年間の修業を終え故郷岐阜に戻ってからも
永田皐月は実家の印鑑店経営に励むかたわら、
書や篆刻も積極的に学び、技術と感性に磨きをかけます。

そんな彼を常に支えていたのは恩師・秀碩師から贈られた
「どんな仕事も手を抜かず、常に最善を尽くすように」との言葉。

時は移ろい平成12年12月、彼は病床の秀碩師に呼ばれ、
「私の作風を受け継いでもらえまいか」と懇願されます。
その責任の重大さに一度は固辞したものの、
「あなたにとっても勉強になると思う」との師の言葉に
意を強くして、秀碩師の作風の継承を決意します。

それから数か月、秀碩師の印影を参考に習作を続け、
平成13年7月から(姉妹店)の後継職人として、
その名に恥じることのない名品の数々を生み出し続けています。

この間、亡き秀碩師とまるで一心同体になったかのような彼は、
師の最高傑作のひとつ「鈴木善幸」の整合性に富み、
なおかつ伸びやかな作風も、実に忠実に再現し得ています。

そんな永田皐月を、生前、秀碩師はこう評していました。
「今の彼はもう私を超えているよ、本人には言わないけど(笑)」



【姉妹サイト】
ページトップへ戻る